スピリチュアルは逃げに使わない。

31210394-4a65-4257-86a6-4c013f638bd9

これは、私自身のことでもあるけど、

 

「好き」「ワクワク」「いい気分」でいれば

 

ラッキーなことが起きるかもって考えてそれをやろうとしてるときは

 

うまくいかない。

 

なぜかというとそれは単なる「逃げ」だから。

 

「もしかして、本当は私はやりたくなかったのかも」

 

なんて急に発信やサービスを止めて

 

好きなことだけやる!って始めて、うまくいった人っている?

 

私の場合、そういうときはだいたい現実逃避。

だからうまくいかない。

 

じゃあ、潜在意識やスピリチュアルな引き寄せとか

パラレルワールドとか、信じないのか?と言われたら違う。

 

 

あくまでこれは私の場合だけど

まず引き寄せを期待するより

「現実的にコツコツ行動する」方が自分のことを信じられる。

 

だから、現実的なアプローチは必ずやる。

 

その一方で、「これは神の采配?」みたいな自分の力では及ばないような

ラッキーや幸運が来る時はもちろん私にもあって、そういう時って

 

「ただ夢中になってるとき」

 

そういう時って何かに夢中になってるとき。だったりする。

 

「いまやってることがイマイチだから」みたいな

 

何か成果を期待するとき、スピリチュアルは完全逃げになる。

 

だから、例えば藤本さきこさんの「設定変更」は私も好きだけど

先に「自分を明らめる」(明らかに見る)ことをやれっていってるんだと思います。

これは、元陸上選手の為末大さんがおっしゃってましたけど

「夢中になってるとき」って成果も気にしていないし

 

つまり「自分に制限」をかけていない状況なんですよね。

つまり断捨離もトイレ掃除も、「何かを期待する」わけじゃなくて

 

そのことそのものを夢中で出来る人にラッキーなことが起きるんじゃないかな、と。

 

だから、生きること自体、もっと夢中になればいいんじゃないかって。

 

うまくいってる人にもお金にも愛されてる人って

 

自分にすごく興味持ってると思う。

 

自分が何が好きで何が嫌いかとか。何が気持ちよくて何が不快か。

 

自分に夢中になることが、神様も味方にしてくれるんじゃないかと思う。

 

だから、私の場合は「好き」なこと発端ではなく「求められてること」「今やるべきこと」を

やってるんです。自分のやってることをもっと夢中にやっていこうと思う。

スピリチュアルは逃げに使わない。