【無料コラム】「稼ぐ基準は人それぞれ。」

 

(昨日、藤本さきこさんのノートセミナーに行った帰りにサユラさんと食べた

 

櫃まぶし。セミナー中に写真を撮るのを忘れてたので。。)

 

 

そのセミナーでは本当に気付きが沢山ありました!

 

 

なんとなく薄々自分が気付いてたことが「やっぱりそうだよね」

 

って確認できたことがありました。

 

例に出てたのですが「数を持ってる人、ことに価値を感じる」について。

 

 

どういうことかというと、売上やブログアクセスやフォロワー数など

 

「数が持ってる人をすごい」となんとなく思ってしまってること。

 

私も思ってました。

 

でも、数を沢山得ることに、本当に価値や喜びを感じているのか?

 

と自分に聞くと、「NO」でした。

 

 

私が初めて、月商100万以上を達成した時って、まだ周りに起業女性が

 

少なくて、私は「気が付けば達成していた」んです。

 

目指してたわけじゃなかった。周りがそうだから頑張ったわけでもなかった。

 

 

その時は「毎月50万くらい売り上げれば

 

会社員時代より全然多いし嬉しい」みたいな感じでした。

 

 

でも、だんだん「足りない」って感じるようになって。

 

なんだか、今の女性起業界の「月商7桁超えました!」って投稿も

 

「当たり前」くらいに感じてたんですよね。

 

そりゃそれくらい欲しいでしょうよって。そんなに違和感を感じてなかった。

 

 

でもね、この自分の「もっと欲しい感」ってどうにかならないかな?

 

って思ってたんですよね。

 

 

その辺りを昨日のセミナーで「明らかに見る」ことをしました。

 

それが「数が少ないと価値がないと思ってる自分」に気付いたんです。

 

 

そうしなきゃいけない、みたいな思いなんですよ。

 

数を多く得ることや数字の目標を達成することに「喜び」がある人は

 

そのままでいいと思うのですが。

 

 

結婚していないと価値がない、女は子供を生んでいないと価値がない

 

みたいな「世間の常識」が自分にとって苦しくなることがあるように

 

 

私にとって起業家としてこうあらなければ、というのは自分を苦しめてることなんだ。

 

って気づきました。

 

私にとってはそれは大きいこと。

 

なんやったら、数字を追うのが楽しいくらいに思い込んでたからね!笑

 

実際は「そうでないとダメだ」って思ってたってこと。

 

 

起業家としての正しさより、自分がどう在りたいのか。

 

 

私は最近「稼ぐことが当たり前の自分」で在りたいと言ってるのですが

 

それって、人によって金額やスピードは人それぞれでいいと思う。

 

 

全員が月商7桁を目指すのも変かな?と今の私は思います。

 

(それが好きならやればいいと思います)

 

 

私はそれが本当にしたいことや喜びじゃないからね。

 

そんなことを伝えたくて、起業することを支援したり勧めてるわけじゃない。

 

自分が何かしたい!稼ぎたい!とか「個人での活動」を始めると

 

本当の自分に目覚めるというか、そうでないとうまくいかない。

 

その過程を伝えていきたいんだって気づきました。

 

 

起業や発信を通して、本当の自分に目覚める、開花させるというのが

 

私のやりたいことだった。

 

 

そうすると、十分豊かな自分に気付いたのでした。

 

叶ってた、ってやつですね。ホントにもうー。

 

自分ががんじがらめでどうする、って感じですよね。

 

 

あくまで「稼ぐ」は前提ですが、それは「自分がそう在りたいと思うレベル」

 

であればいいわけです。それぞれが。

 

 

 

というわけで、私の起業コースは押せ押せで売れ売れ!ってやるコースではないし

 

それよりかは自分自身を抑えてたり偽ってることを排除していきます。笑

 

そうでないと「自分らしく稼ぐ」なんてことにはならないから。

 

あと数名募集しています。

 

 

ほとんど全員、起業がこれからなので、「私なんて・・・」と思わず

 

稼ぐことを決めてる人に来て欲しいですね。

 

【無料コラム】「稼ぐ基準は人それぞれ。」